腹筋器具で効果を出すには継続が大切!-腹筋を鍛える器具!おすすめ商品をまとめてみました♪

腹筋器具で効果を出すには継続が大切!

近頃は、男子だけに限らず女子も腹筋を鍛えたい思う人が増えているようですね。

もちろん見た目もかっこいいですし、内臓にも良く、腰痛防止にもなります。

しかし、やってみるとなかなか継続できないのが現状ではないでしょうか。

そこで、いろいろな器具が発売されています。

例えば、着用するもの、貼り付けて振動で筋肉を動かすもの等々、沢山発売されています。

しかし、楽をして効果を出そうとしても継続できないのが現状ではないでしょうか。

少しきついけれども、トレーニングをやったという達成感を得られる器具の方が長続きするのです。

では、どのような器具が良いのでしょうか。

まず、シットアップベンチをお勧めします。

少し場所を取りますが、シットアップ(仰向けに寝て上体を起こすことによって腹筋を鍛えます)を行う際も、レベルに合わせて足の高さを調節できる物があります。

初心者はフラットな状態から始められます。

最初は足を掛ける場所に足を固定して、上体はまっすぐです。

これから起き上がりましょう。

もちろん鍛えるところ(正面から見ていくつかに分かれる筋肉)を意識します。

慣れてきたなら、足の高さを上げます。

ベンチによっていろいろな種類がありますから、自分で使い易そうなものを選びましょう。

またこのベンチは、仰向けに寝てレッグレイズ(背中をベンチに固定して足を上げるトレーニング)を行うことできます。

足を掛ける処を持てば、上体の角度を付けることもできますので、トレーニングレベルに合わせて負荷を増やしていくことができます。

この場合は、腹筋の下の部分に効果がありますから、ここを意識しましょう。

まずは、この2種類のトレーニングから始めます。

20回を1セットとして5セット行います。

1セットの回数はトレーニングを継続することで増やしていけます。

まずはフラットな形から始めて、角度を付け、1セットの回数を増やしていきます。

これが基本です。

さらに、ベンチに腰掛け、上体をひねるトレーニング(ツイストと言います)を追加します。

これにより、ウエストラインが綺麗になります。

さらに、外腹斜筋(脇腹の筋肉)が鍛えられますので、正面から見た腹直筋(6~8個に分かれて見える筋肉)の形が綺麗に見えます。

これは、左右にひねって1回として30回を1セットとして3~5セット行います。

徐々に1セットの回数を増やしていきましょう。

さて、トレーニングを始めても最初はつらいものですから、ついサボりがちになります。

筋肉痛も出てくるでしょう。

しかし、腹筋の筋肉痛がでれば、それはしっかりトレーニングが効いていると言うことなのです。

ちょっと我慢をすればすぐなくなります。

そして、トレーニングの終わりや朝シャワーを浴びるときに、全身(せめて腹筋の部分)が映る鏡の前に立ちましょう。

毎日確認することで少しずつの変化が解って来ます。

そうしたら、ポーズを取ってみましょう。

あのボディビルダーが取るように、腹筋に力を入れてみて下さい。

いかがですか。

結構かっこいいでしょう。

ここまでくればもう大丈夫です。

しかし、余り人に見られないようにご注意下さい、いろいろなことを言う人もいますから。

ここでどのような形の筋肉を望むのかで少々方法が変わります。

大きな筋肉にしたいのなら(はっきり6~8個に割れた筋肉を望む場合などです)負荷を掛けることが必要ですから、ベンチの角度を大きくしましょう。

男性でも、細マッチョのような物を望むなら、余り負荷を掛けず、1セットの回数を増やすに止めます。

これによって、筋肉は余り大きくなりませんが、脂肪は取れて形ははっきり現れます。

女性の場合も、後者の方法が良いでしょう。

さらに、これらの筋肉のトレーニングを行うことで、便秘の解消が期待できます。

トレーニングによって内臓、特に腸が動かされて蠕動が活発になります。

それから、筋肉がしっかりしてくることで腰回りを守ることとなり、腰の痛みからも解放されます。

さあ、素敵なボディを目指してトレーニングを継続しましょう。